Carl Zeiss Apo-Sonnar T* 135mm F2 メモ

・Carl Zeiss Apo-Sonnar T* 135mm F2
Cosina : Apo-Sonnar T*2/135 ZE,ZF.2

焦点距離 : 135mm
絞り値 : f/2~f/22
撮影距離 : 0.80m~∞
画角(対角線/水平線) : 18.7°/15.6°
最近接撮影範囲 : 96mm×145mm
最大撮影倍率 : 1:4
レンズ構成 : 8群11枚
フィルター径 : 77mm
質量 : 930g(ZE): 920g(ZF.2)
最大径 : φ84mm(ZE、 ZF.2)
全長(マウントより) : 107.8mm(ZE): 105.3mm(ZF.2)
マウント : ZE(キヤノンEF)ZF.2(CPU内蔵ニコンAi-S互換)
シェード : リバース可能バヨネットレンズシェード付属

ePhotozone : Carl Zeiss Apo-Sonnar T* 135mm f/2 Review
デジカメwatch : コシナCarl Zeiss Apo Sonnar T* 2/135
Flickr : Silver2Silicon’s photostream / Tags / aposonnart2135
デジカメinfo : ツァイスApo Sonnar T* 135mm f/2 は驚くほどの光学性能

無収差がもたらす写真とは思えない絵のような一枚。
色と色の間に無駄な色が無い。それだけで美しい。
135mmと最短0.8mをどう使いこなしたら良いのかはよくわからないけれど…。
サンプルを見ても少し困っているように見える(~_へ)
きっとフォトヨドバシのひとなら…。
青い銅像の絵が良い。銅像に色を塗ったかのよう。写真ではなく絵に近い。
全域excellent overが当たり前の、
MakroPlanarに変わってD800の性能を使える最上級レンズ。
これを見た後にはマクロプラナーでさえ足りていなかったことがわかります。
ツァイスが新レンズを準備する訳(~_へ)

この”絵”のような写真を撮りたいがために欲しくはなるのに
1本で歩くと思うと不便に思えるからやっぱり怖い。
とてもマクロプラナーと交換する気持ちにはなれない。
14-24などのように余裕のあるときに使うレンズに見えます。